スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

記念日をはさんで

台湾に5泊6日で行ってきました〜。

もう帰国してから1週間くらい経ちましたが。

初台湾!

台湾ぐるりと1周旅行だったのですが
北部と南部とでは温度差が激しく
南部では27,8度を経験したり・・・。
北部は冬は冬でしたね。

しかもホテルも列車もバスも
どんなにさむかろうと冷房しかありません!
とガイドに言われ・・・。

雨が降ったりするとなかなか厳しいものがありましたが(笑)

ただ日本に帰ってきたら雪が降ってたりして
もうびっくりしました〜。
寒くて死ぬかと(笑)
一応台湾はやっぱり南国だったのね・・・。

今は(日本もそうですが)中国人観光客があふれかえっていて
故宮博物院でも中国人に何度も跳ね飛ばされました・・・。

故宮博物院には赤い服のお姉さんたちがそこかしこに
「静かに」とか「右側通行」とかいろんな注意書きを持って立っていて
現地ガイドの人がいうには、中国人観光客が増えてから
立つようになったそうです。

それでもなかなかルールを守ってない感じの人がたくさんいましたけどね(苦笑)

滞在中は
台湾の新幹線に乗ったり
千と千尋の神隠しのモチーフともなった九分という町にいったり
いろいろ盛りだくさんで楽しみました。

楽しみすぎたせいか
帰国したらちょっと体調不良でして・・・
我ながら軟弱だと思う次第。

旅行から帰ってきたら全身筋肉痛になるっていうのは
どうかと思う・・・。

at 15:54, , 旅行

comments(2), trackbacks(0), pookmark

いい感じに

紅葉していました。
嵐山では船頭さんのいる船に乗ってゆったり遊覧。
水辺から見る紅葉もなかなか風情があって素敵でしたよ〜。

公園の池なんかにありそうなボートもあふれていて
みんなうまく漕げないから結構あちこちでぶつかっていました。
私たちの船にも何度もぶつかりそうになってたし・・・
ちょっと危なかったかも(苦笑)

それから天龍寺の宝厳院と弘源院の紅葉を鑑賞。
きれいに色づいていました♪

阪急で行ったんですが、阪急の駅前広場で両院の拝観券が
売られていたので、並ばずに入ることができてよかったですよ。
夜は夜でライトアップされているようです。

そのあと、祇園のほうへ行ってバスにて清水へ。
嵐山より市街地だからか大分あったかく感じました。
こちらはライトアップ目当て。
嵐山に比べると・・・あんまり紅葉はしてないような感じでしたが
ライトアップはよかったです。
ただ人が多くてもう奥のほうへ行けばいくほど、ぎゅうぎゅう。
舞台壊れるんじゃないかっていうほど。

それから高台寺へ。
拝観券買うのに30分くらい並びました。
階段の下へ行けって言われましたからねぇ。
前から行ってみたかったので嬉しそうに行ったのですが
それまで結構歩いていたこともあってか、アップダウンにヘロヘロ(笑)
ちょっと疲れてしまいました〜〜。
京都を歩くためにはもうちょっと体力が必要ですかねぇ。

晴天に恵まれたこともあって、
どこへ行っても超満員。
春と秋の京都は大変ですねぇ。

明日もし出かけられるなら歩きやすい恰好で。
結構歩くので暑くなるかもしれませんから、体温調節しやすい恰好がいいですよ〜。





at 22:36, , 旅行

comments(2), trackbacks(0), pookmark

きれいだといいなぁ

明日は嵐山にお出かけです。

結構紅葉してるらしいので楽しみです。

at 21:37, , 旅行

comments(2), trackbacks(0), pookmark

帰ってきました!

一昨日東京から無事帰還いたしました!

東京寒いよ〜。
毎日の気温のアップダウン激しすぎ!
前日比±10度ってどういうことよ。

そりゃ弟がハイネックセーターで出迎えに来るというものだわ。

私も母もセーターなどは持っておらず
スプリングコートで困りました・・・。

それでも6日の滞在で母とともに結構あちこちを回りました。

東京ミッドタウンやら銀座やら原宿やら。
人いっぱいだったわ〜。
なんで平日なのにこんなにいるの〜ってくらい。

母には結構楽しんでもらえたみたい。
美術館めぐりとかが好きなので行ったのですが
今回はいい展示がなかったのが残念・・・。

今回は家族で上野の桜を見に行きましたが
父がどうしてもスワンボートに乗りたいと主張したため
母と父と私の三人でスワンに乗ることに・・・。

幼い頃ならいざ知らずこんなに大きくなってから
親子でスワンに乗るなんて思わなかったわ〜。
ぎゅうぎゅうやし(笑)

まぁ父はご満悦だったのでよしとしよう。

おそらく最後の家族で東京。
それぞれが満足したようなので
今回は成功したかな?




at 18:07, , 旅行

comments(4), trackbacks(0), pookmark

観光6日目

観光6日目はパリです。
できることをすべて詰め込んだといっても
過言ではないハードスケジュール。

とはいえ、午前中はプランどおりルーブル観光。
ルーブル1車窓より。
「ダヴィンチコード」だ〜
とかいいつつ(笑)



ルーブル2あちこちに、無造作に置かれる
美術品たち。

ヴィーナスって意外と大きい。


ルーブル3ニケは階段の踊り場に。

ルーブルではとにかくスリが横行している
そうで、ひっきりなしにガイドさんから
「気をつけろ」と注意を受ける。

パリって怖い。

ルーブル4とりあえずむやみやたらと金ぴか。
もと王宮だからしかたないとはいえ
展示室そのものが美術品。

どこをみてもアートなので
どこを写真にとってよいかわからなくなる(笑)


凱旋門凱旋門です。
シャンゼリゼです。
走ってる車はほぼプジョーとBMW。
日本ではあまり見かけないのに
たくさん走ってます(当たり前)

エッフェル塔曇天のエッフェル塔。
シャイヨー宮より望む。

金ぴかのエッフェル塔の置物を持った
黒人のにいちゃんたちがたくさん居て
売りつけようと寄ってきます。


観光名所には必ずいて、必ずエッフェル塔を持っています。
ヴェルサイユでもエッフェル塔の真下でも。
そんな彼らの正体はスリ集団。
ヴェルサイユではフランス人(?アメリカ人かも?)がやられてました。
たくさん居た黒人は財布を掏った瞬間あっという間に消え、
まさにクモの子を散らすよう。
フランスって怖い〜。

ヴェルサイユ1ヴェルサイユの鏡の間です。
ここはもう多国籍な観光客が
あふれています。

私たちは日本語ガイドのイヤホンを
借りて回りました。
というかダッシュ。

ここも広くて集合時間に間に合わなかったらどうしよ〜と
かなり必死。
現地のバスツアーに申し込んでいたので(はとバスみたいな)
日本語スタッフはゼロ。
ヴェルサイユでバスを降ろされ、「17時集合ね!」といって
ツアーの人は居なくなるので後はセルフ。
ヴェルサイユ2急いではいましたが
ちゃんと庭もみましたよ。

ここだけだけど。
向こうまでは・・・ムリ。
広すぎです。
ヴェルサイユ3門もピッカピカ。

なんだってまぁ
こんなにどこもかしこも金ぴか
なんですかね。

怒涛のヴェルサイユの後は
セーヌ川ディナークルーズ♪
料理を堪能し
夜のエッフェル塔夜のエッフェル塔に。
上から見る夜景もすばらしかったけど
(ここも人がいっぱい)
正時にエッフェル塔がビカビカと光るのが
キレイでした。
これは10時の点灯。
10分ほどなんですが・・・。

右下のはメリーゴーランドです。
クレープ屋さんが運営していて、乗る人はクレープを注文します。
私たちは見てただけ〜。

この後、再びバスでムーランルージュへ。
ちゃんとフレンチカンカン観ましたよ。

怒涛の観光最終日でした(笑)
だってホテルに帰ってきたのは2時ですよ?
午後からのフリータイムにつけたオプションが
ちょっと激しかったかも。
添乗員さんにもかなり驚かれました(笑)
体はぼろぼろになりましたが満足です♪
なかなかフランスもいけないし、
若いときしかここまで精力的には回れそうにないし。

新婚旅行、というか完全なる観光旅行。
まったりゆったりではなかったですが
二人とも気合を入れて旅行を楽しめました。

次に行くときはもうちょっとゆったりまったりしたいものです(笑)

at 16:42, , 旅行

comments(6), trackbacks(0), pookmark

観光4&5日目

とうとう「モンサンミッシェル」です!
パリから5時間半。結構な長旅です。
モンサンミッシェル1見渡す限り湿原、草原の中に
浮かび上がるシルエット。

周りには本当に何もありません。


これは対岸との連絡道路の中間地点での撮影。
バスの運転手さんが途中で止めて撮影させてくれました♪
モンサンミッシェル2入口に並ぶお年寄り。
多分夕方なので、帰りのバスを
待っている・・・ようにみえます。



モンサンミッシェル3島内は映画のセットのような
かわいらしいお店ばかり。
小さな店が連なっています。





モンサンミッシェル4薄闇に浮かぶミッシェル様。
金ぴかで先端に居るんですが
ちょっと見えにくいですね(笑)
夜はライトアップされててとてもキレイ。




モンサンミッシェル6もちろん明け方のモンサンミッシェルもキレイです。
これは島の前の駐車場から。
島には歩哨がめぐらされているので
ぐるぐる歩いて上っていけます。


モンサンミッシェル7すっかり晴天。
朝はものすごい霧で何も見えず。
この日は修道院のなかを見学の予定
だったので霧が晴れないとよく見えない
と心配だったのです。
モンサンミッシェル8これはフランス人の子供たち。
課外学習というヤツですかねぇ。
イタリアやスペインの高校生とかも
来てました。



モンサンミッシェル9モンサンミッシェルといえばプーラールおばさんの
オムレツ。
ふわふわでおおきくて
塩味でした。
ここは塩も名産ですものね。


島内に泊まることはなかなかできないので
私たちはとてもラッキーでした。
朝も夜も観光できたし、人でごった返す前に観光もお土産も見れました。
パリからの1日観光客はお昼ごろに到着するので
そこからは殺人的に混みあいます。
道も狭いし、ひしめいてるって感じですね。
ちなみに、対岸に泊まるプランが多いようですが
対岸から島まで歩いて片道40分以上かかるそうです。
ちょっとご飯のあと観光しようか、という気にはなれない距離ですね。

at 15:59, , 旅行

comments(2), trackbacks(0), pookmark

観光3日目

観光3日目はドイツ最終日。
まずは、世界遺産「ヴィース教会」

ヴィース教会14月の頭でしたが・・・
この通りあたり一面の雪。

外観はこんなに地味な感じですが・・・



ヴィース教会2中はこんなに豪華!!

コチラは祭壇側。
中央にキリストの磔刑像があります。

そして、
ヴィース教会3これは入口側。
入口の上にはパイプオルガンが。

ちょうど地元の小学生がイースターの練習
かどうかは不明ですが少し演奏してました。

いい音色でしたよ〜。

今は写真を撮ることを禁止されてるそうなので
貴重な写真になってしまいました。

それから、ロマンチック街道といえばココ。
ノイシュバンシュタイン城です。
ノイシュバンシュタイン2城の裏のマリエン橋からの撮影。
超断崖絶壁!!!

骨組みは鉄骨ながらも床は薄い板。
しかも骨組みは粗いので踏み抜いたら
多分決死のダイブは間違いなし。

ただ残念なのはちょうど工事中だったこと。
ノイシュバンシュタイン1
一面工事パネル・・・。
情緒ないわ〜。

もちろん城内も観光しましたが
城内は撮影禁止なのでデータはなし。

・・・残念。

観光の後、ミュンヘンはホフブロイハウスへ。ホフブロイハウス
ヒットラーが決起集会を開いたという
伝統あるビアホール。

時間が早くて誰も居ない(笑)


スープドイツでようやくまともなスープ。
ジャガイモのスープだけど、
今までのと違っておいしい!!(笑)
普通な塩加減。
ソーセージなどドイツといえばプレッツェル。
その隣は白いソーセージ。
ここの名物らしいのですが・・・
食べ方がわからず、私は半分くらい
皮付きのまま食べました(恥)


これにてドイツ終了。
翌日はミュンヘンからドゴール空港へ飛びます。

at 15:27, , 旅行

comments(2), trackbacks(0), pookmark

観光2日目 ローテンブルク

ハイデルベルクよりロマンチック街道を通りローテンブルクへ。

私はずっとロマンチック街道のロマンチックって
ロマンスのほうだと勘違いしてましたが
ローマ様式っていう意味だったんですね〜(恥)

で、こちらがローテンブルクの市庁舎(左側)とからくり時計台(右側)
市長がビールを飲み干すことで戦争から街を守ったというお話が元になった有名なからくり時計です。
ローテンブルク3
からくり時計台は夜の9時10時11時に、時計(赤いとこ)の左右の扉が開いて
市長がビールを飲み干すというからくりを見ることができます。
ラッキーなら夜の8時にも開くことがあります(今回はラッキーにも8時のを見れました)
添乗員さん曰く 「幻の8時」 だそうです(笑)

小さな村って感じなんですが、魔女博物館のようなものがありまして
中には拷問器具が陳列されているそうなんですが
とりあえず入口のギロチンだけ見ました。
ローテンブルク2
私も後ほど、ここに手と首を突っ込みました(笑)
よくある観光地の顔だけだすやつみたいに・・・。

ギロチンされるほど悪いことはしてないんですけどねぇ。

博物館内は鉄の処女とか
鉄の鳥かごとか
おいてあるそうです。

恐いですね。想像すると。

ローテンブルクはお店やホテルの看板も有名です。
もうどこを見てもかわいいんですよ。
ローテンブルク1すごいメルヘンで、すごく凝ってる造りで。
みんな違うデザインだから観て回るのも楽しくて。
町並みもかわいいし、なんともラブリー。

ヨーロッパだからこういうのも映えるんだよね〜
と言いつつ、おいしいと添乗員さんに教えられた
ジェラートを食べつつ回りました。


ローテンブルク5またお店のショーウィンドーもいっぱい
こまごましたものを飾っているのに
ごちゃごちゃ見えなくてかわいいんですよね。

このセンスは見習うべきだなぁ。

とはいえ自宅の飾り付けにはまだ活かされていません(笑)

そしてここはフランケン地方にあたるので
夜はフランケンワインでかんぱーい!
ローテンブルク4
結構飲みやすくて、しかもたっぷり入っているので
ぐいぐい飲んだら大分酔ってしまいました。
半分も飲めませんでしたが、向こうの人はとにかく酒なんですね〜。
ドイツは酒飲みの国だからビールもワインもグラスに線が入ってて
「ここまで入れる!」と決まってるそうで、ちゃんとこのワインも
線まできっちり入ってました。

この日はほろ酔い気分で夜のローテンブルクをそぞろ歩き。
市長のからくり時計を見たり、夜警ツアーの人を見かけたり。
ふらふら小さな町を楽しみました。
ヨーロッパだけど地方だから安全で夜出歩いていても全然大丈夫でした♪
城壁内に泊まるのがオススメです。

at 12:31, , 旅行

comments(0), trackbacks(0), pookmark

観光初日 ハイデルベルグ

新婚旅行は、なかなか行けないヨーロッパに!
ってことで、ドイツフランス紀行です。

旅行初日は12時間のフライトにトランジットで到着は深夜。
完全に移動日。
結構お疲れ・・・。

翌日ハイデルベルグで市内観光。
ハイデルベルグ
まずはハイデルベルグ城へ。
跳ね橋があったり、風情があるいい感じの古城。
程よく壊れてます(笑)
あちこち工事中〜。

下のは私の頭です(笑)
心霊写真にあらず。

天気にも恵まれ、城から見下ろす町並み。
ハイデルベルグ1
メルヘンな感じで、なんとなくヨーロッパだなぁと実感。
ここは京都と同じで景観を保つため、建物の高さ制限が
あるそうで一番高いのは大学の時計塔です。
ハイデルベルグはノーベル賞受賞者を何人も輩出した
学問の街なのだということでしたが、大学は日本みたいに
敷地の中にあるというよりは、学部が街中に点在していて
オープンな雰囲気。

ハイデルベルグ4
お昼ごはんを「赤い雄牛」という有名な学生酒場で。
まぁ酒場なんだから本領発揮なのは夜なんでしょうけどねぇ(笑)
お店には私たちツアー客のみ。
今回のツアー、参加3組の6名プラス添乗員1名。
・・・・・・・少ない。
熱気には程遠い空気の中、ちょー塩辛いスープ登場。
ハイデルベルグ5
というより、塩のかたまり突っ込んだんだよね?
としかいえん代物。
のどが乾く〜。
あとは芋をふかしたやつとマスを焼いたやつ。
まるごとドーン。
豪快。
味は塩!胡椒!塩!胡椒!塩!塩!
大雑把だよぅ。

at 21:55, , 旅行

comments(4), trackbacks(0), pookmark